2017年12月02日

おでんに学ぶ暗記法

おでんを食べながら思ったこと。



こんにゃくに箸を1本だけ刺しても滑ってしまって箸には何も残らない。

何回やっても同じ。



でも、もう1本違う方向から刺せばけっこう簡単に取れる。

思った以上に安定している。



暗記も同じじゃないかと。



うまくいっていない方法を何度繰り返しても結果は同じ。

「覚えられない」挙げ句の果てには「暗記は苦手」となるのは目に見えてる。



でも、その方法にちょっとした工夫を加えてあげるだけで記憶への残り方がずいぶん変わってくる。



例えば、英単語帳を何周しても覚えられないのはやり方がイマイチなのかもしれない。

いつも英→和でやるところを和→英でやってみる、例文もセットでチェックする、覚えられない単語リストを作る、などなど工夫はいくらでもできる。



全体のコスパが上がるなら、少し手間が増えるくらいどうってことはない。





でも、できるなら箸じゃなくて滑らない竹串が1本欲しい(笑)



ポチっと押して応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 受験ブログ 医学部・医療系受験へ 

twitterでもつぶやいてたりします。



posted by しーちきん at 21:57 | Comment(0) | その他 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

▲ページトップへ